NEWS

広大な大地、豪勢な城の内外、ギラつく溶岩洞窟まで、様々なバトルフィールドも登場!強烈な特徴がびしびし主張しあうパーティはどんな運命をたぐりよせるのか!?

この度、イマジネーションを刺激する数々のバトルフィールドから、パーティメンバー同士や超ヤバイ敵陣営との関係性までもうかがい知れるインターナショナル新予告が解禁いたしました!

捕らわれの身で処刑寸前、どうにも軽いエドガンをよそに敵の意表を突いたホルガの圧倒的戦闘力のみで脱獄を果たすも、遭遇してしまったアンデッド軍団とそれを操る超ヤバイ敵を駆逐するため仲間探しを開始。誰と組むのか、未来の運命を左右するメンバーとして集結したのは、秘めたる力の本領をまだ発揮できていない魔法使いのサイモン、人間とモンスターとのダブルで獰猛な“アウルベア”に変身できる自然の化身ドリック、そしてクソ真面目な聖騎士ゼンク。初めは会話のリズムさえも絶妙にズレているこのメンバーが、それぞれの唯一無二の特徴を覚醒させて化学反応をおこしたとき、誰もが想像をし得なかった“この世で最高のパーティ”として強大な悪を打ち負かせる・・・はず!!

映像後半に映し出される共闘シーンでの小気味よい連携はもちろんのこと、仕掛けられたトラップを結果的に回避(?)した場面など、彼らの力が融合したときのポテンシャルが計り知れず、最低難易度からフルMAXに危機的な状況まで、いかなるシチュエーションもこのパーティならではの形で攻略していくこと間違いなし!エドガンを捉え絶体絶命のピンチに追い込む詐欺師フォージに扮し、こんなにも悪の色に染まれるのかと映画ファンを唸らせる笑顔をみせているヒュー・グラントの快演も垣間見れるほか、緑が広がる雄大な大地や、生い茂る森、リッチな城の内部に外庭、円形のような闘技場、そして溶岩が流れ出る洞窟まで実にバラエティ豊富なフィールドも用意されており、楽しみが尽きない新予告に!

クリス・パインが「壮大で楽しい撮影現場だった」と主人公さながらこの冒険譚を楽しみ、相棒として獅子奮迅の活躍をみせるミシェル・ロドリゲスも「自分自身の中に自分のヒーローを見つける物語。それぞれのキャラクターがそれぞれのバージョンの冒険をする」と魅力を語る本作。このいばらの道をいくような冒険と戦いにむけ、手を組んだ彼らの運命の行く末にぜひご期待ください!!

最高の吹替パーティに新たな吹替キャスト!《南沙良》が吹替初挑戦!!
主人公(クリス・パイン)の仲間となる、可憐な見た目から一転、獰猛な”アウルベア”に変身する能力を持った自然の化身のドリック(ソフィア・リリス)を、素のまま⁉ツンデレ熱演!

この度、“最高の吹替パーティ”の新たな仲間を発表!吟遊詩人で盗賊である主人公・エドガンの仲間となる自然の化身のドリック役に南沙良が決定いたしました!

南は、初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年)で、報知映画賞、ブルーリボン賞他、数々の映画賞を受賞すると、TBS系列日曜劇場「ドラゴン桜」(2021年)で東大専科の一員として、東大合格を目指す生徒役で話題をさらい、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(2022年)、2022-2023年シーズン「JR SKISKI」のメインキャラクター、そして、現在OA中のCX系列月9ドラマ「女神の教室~リーガル青春白書~」に出演中と立て続けに話題作で存在感を放っている南が、一転吹替初挑戦作となる『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』でどんな演技を見せてくれるのか。ますます目が離せない。

吹替初挑戦となる南沙良が演じるのは、ティーフリングという人間とモンスターとのダブルで、可憐な見た目から一転、獰猛な”アウルベア”に変身する能力を持った自然の化身のドリック(ソフィア・リリス)。物語のカギとなるキャラクターに抜擢した理由を配給元の東和ピクチャーズの担当者は、「南さんの独特な雰囲気が、ドリックの役柄に素晴らしい化学反応を起こしてくれると思った」と話している。日本語吹替声優が決定したときの気持ちについて、南はドリックを演じているソフィア・リリスさんとは同い年なので、ご縁を感じました。なにより憧れの声優のみなさんと共演できたことが恐縮です。。と喜びを語っている。人生初となるアフレコ収録時、映像の仕事とはまた違った緊張感のある収録になると思いきや、初の声優仕事と思えないほどにスムーズに実施され、なんとほとんどNGなしで終了!音響監督の依田氏も「最初のシーンの長セリフをすぐにクリアしてくれたから、その時点で『あー行けるだろうな』と思いました。細かい指示はもちろん出しましたけど、すごくやりやすかった」と太鼓判を押す。ドリックの冷静沈着な雰囲気が南自身に重なる部分もあったことで、まさに“素”を活かせる役となり、本人もハマり役だったと話す日本語吹替版に、ぜひご期待ください!!

吹替キャストコメント
南沙良/ドリック役

本作でドリックの吹替を担当しました南沙良です。
今回吹き替えを担当したドリックは独特な雰囲気を持ったキャラクターで、自然の化身ということで色んな動物に変身します。
なにより憧れの声優のみなさんと共演できたことが恐縮です。。
またオリジナルでドリックを演じているソフィア・リリスさんとは同い年なので、ご縁を感じました。
普段あまり洋画を観ない方にも自信を持っておすすめできるアクションファンタジー映画です。
是非ご覧ください。

ここ日本だからこそ味わえる、激アツな吹替パーティが誕生した!!主人公の盗賊(クリス・パイン)を、いまもっともノっている声優・武内駿輔が快演!ユニークな仲間もおそろしい敵も、集結した超豪華声優陣が躍動する日本語吹替版に注目です!

クセの強い“アウトロー”だらけの異色なパーティが、他に類を見ないユニークな戦いと冒険の旅に挑んでいく本作。運命を切り開くため、誰とパーティを組み、どんな手を使って攻略していくのかが大きな見どころの一つとなっているが、特徴目立ちまくりのキャラクターたちの日本語吹替も誰が組まれるのか、運命を左右する注目のキャスティングが発表になりました!

パーティのリーダーであり、吟遊詩人で盗賊である主人公・エドガンには、飛ぶ鳥を落とす勢いで大活躍中、日本エンタメ界を賑わす今もっともノっている声優のひとり、武内駿輔
“低音イケボ”を武器に若くして渋み抜群の演技で数々の人気キャラを演じていることに加え、『アナと雪の女王』オラフ役や、Netflix「ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~」ではあのぐでたまを、そして登場する24キャラクターを1人で演じるなど、実に多才、まさに新時代の声優界を牽引する存在。さらに、「KING OF PRISM」シリーズの大和アレクサンダー役では劇中LIVEシーンが大きな話題となったり、大先輩・山寺宏一の歌唱モノマネが伝説化するほどの大反響を呼ぶなど、歌唱パフォーマンスのクオリティは折り紙付きであり、劇中ではどんな時もマンドリン片手に優雅な歌声を奏でて生きる吟遊詩人らしい歌唱シーンも用意されており聴き逃し厳禁!!

そしてエドガンと冒険をともにする愉快なパーティの仲間には、エドガンと手を組み盗賊業に勤しむ屈強な戦士ホルガ甲斐田裕子(『ワンダーウーマン』ワンダーウーマン、アニメ「SPY×FAMILY」シルヴィア・シャーウッド、『ワイルド・スピード』レティ)、半人前ながら秘めたる力を有する若き魔法使いサイモン木村昴(アニメ「ドラえもん」ジャイアン、アニメ『THE FIRST SLAM DUNK』桜木花道)、敵の手を逃れ流浪の身となった聖騎士ゼンク中村悠一(アニメ「呪術廻戦」五条悟、アニメ「僕のヒーローアカデミア」ホークス)と、人気実力ともトップクラスで痛快な旅を約束してくれるような豪華布陣が集結!

頼もしいパーティを先導するリーダーとして武内は、それぞれの魅力を解説しながら「この個性豊かなキャラクター達のリーダー!といいつつ、そこまで人格者っぷりを発揮するわけでもないお調子者エドガンは、クリス・パインのダメイケオジ芝居がとても最高です!彼の飄々としたテンポ感や話し方を吹き替えるのはとても楽しかったです。パーティはみんな人生に躓いた組ですが、そんな彼らが人と協力すると言う事を通して、成長していきます。吹き替えとは他国の文化をより分かりやすく感じることが出来る「文化の翻訳」です。特にギャグに関しては1番吹き替えが活きるポイントだと、僕は思っていますので、自由に伸び伸びやらさせて頂きました。本作はそう言ったギャグやアクションシーンがとても多いので、字幕を追うより、吹き替えの方がより感覚的に映画を楽しむ事が出来ると思います。それを実現するため、実力あるキャスト陣も集まり「吹き替えならではの魅力」と言うものを今回生み出せたと確信しております!」と力を込めてたっぷりコメント。さらにもう一人のパーティの仲間、ティーフリングという人間とモンスターとのダブルである自然の化身のドリック役は後日発表予定。果たして誰が加わってくれるのか、まだまだ楽しみは尽きず!

さらに、彼らの前に立ちはだかるヴィランをはじめ、旅路を盛り上げる様々なキャラクター達も盤石の陣容に!
主人公エドガンの娘・キーラ(演:クロエ・コールマン)には逢田梨香子(アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」桜内梨子)、エドガンの盗賊仲間でただならぬ因縁もある詐欺師フォージ(演:ヒュー・グラント)には森田順平(アニメ「クレヨンしんちゃん」園長先生)、世界征服をたくらむ悪の魔女ソフィーナ(演:デイジー・ヘッド)には沢城みゆき(アニメ「ルパン三世」峰不二子、アニメ「鬼滅の刃」堕姫)、そしてアンデッド集団を操り世界を牛耳ろうとするヴィランである悪の親玉ザス・タム (演:イアン・ハンモア)には岩崎ひろし(アニメ「ONE PIECE」黒炭オロチ、『スター・ウォーズ』C-3PO)と、錚々たる面々が顔を揃えた。
そして、日本語吹替版の演出・音響監督を依田孝利が務めることも明らかに!2022年、『トップガン マーヴェリック』で“胸熱“極まる最高の吹替版を演出した依田が、この最高のパーティを強力に支え後押し。面白くならないわけがない!

敵も味方も、日本を代表する声優陣が彩る日本語吹替版にぜひご期待いただきたい!

吹替キャストコメント
武内駿輔/主人公 エドガン役

この個性豊かなキャラクター達のリーダー!といいつつ、そこまで人格者っぷりを発揮するわけでもないお調子者エドガンは、クリス・パインのダメイケオジ芝居がとても最高です!
彼の飄々としたテンポ感や話し方を吹き替えるのはとても楽しかったです。
パーティはみんな人生に躓いた組ですが、そんな彼らが人と協力すると言う事を通して、成長していきます。
また登場するモンスターの映像クオリティがとても高く、RPGゲームなどがお好きな方にとっては堪らない映画にもなっていると思います。

吹き替えとは他国の文化をより分かりやすく感じることが出来る「文化の翻訳」です。
特にギャグに関しては1番吹き替えが活きるポイントだと、僕は思っていますので、自由に伸び伸びやらさせて頂きました。
本作はそう言ったギャグやアクションシーンがとても多いので、字幕を追うより、吹き替えの方がより感覚的に映画を楽しむ事が出来ると思います。

それを実現するため、実力あるキャスト陣も集まり「吹き替えならではの魅力」と言うものを今回生み出せたと確信しております!
ヒーローファンにゲームファン。映画ファンや吹き替えファン、年齢問わず様々な方に楽しんで頂ける超ダイナミックな映画です!
ぜひ劇場で観てください!

ハッピー・ヒューリデー!?
嬉々としてヴィランを演じる名優ヒュー・グラントから届いたクリスマスプレゼントの中身は!?主人公パーティの仲睦まじい様子も垣間見られる、クリスマス特別映像が到着しました!

いよいよ近づいてきた 12 月 25 日、子供から大人まで誰もが心躍るクリスマスがやってくる!今年のクリスマスの運命を、あなたは誰と共にする!?

クリス・パイン、ミシェル・ロドリゲスら本作のおかしなパーティのメンバーは、アウトローたちと言えど束の間のゆっくりしたひと時を過ごしているところ、なんと劇中で彼らと敵対する悪役/ヴィランを演じたヒュー・グラントからクリスマスプレゼントが届いた!【名優ヒュー・グラント×クリスマス】といえば、あの不朽の名作『ラブ・アクチュアリー』(2003)を思い出し、ヒューからの心温まる(?)贈り物をちょっと羨ましく思うパパママ世代のファンも多いはず、果たして気になるその中身は・・・?

期待を胸に封を開けた彼らの手には、ヒューが演じた、悪役キャラクターのフィギュアが!?

“ハッピー・ヒューリデー”とばかりに彼らのリアクションを愉しんでいるであろうヒュー・グラントの含みタップリの笑顔も浮かんでくるような、意外性のある憎めないチョイスに、ミシェル・ロドリゲスが「ヒューらしいプレゼントね(笑)」と発言、レゲ=ジャン・ペイジも「気に入った!」とコメントしていくと一同の笑いがだんだん止まらなくなっていき、クリス・パインが「ちなみに僕からは数日以内に届くよ。今から注文するから!」と張り合うお茶目な一面も垣間見られる、実にクリスマスらしい和やかであたたかな雰囲気に包まれパーティメンバーの心地良い関係性もみえてくる映像となっている。

記録的な寒さも到来中のこの冬を越した、23年の春、彼らがスクリーンでみせる大活躍が待ち遠しくなるばかり!

君なら誰を仲間に選ぶ!? 映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ~』の世界を徹底紹介!!
クリス・パイン、ミシェル・ロドリゲスら荒くれパーティメンバーや、ヴィランに扮するヒュー・グラント、さらに迫力満点のモンスターたちも続々登場!面白くなる予感しかない!!”誰と観るか決める”メイキング特別映像&ポスタービジュアル2種が同時解禁しました!

映像では、「これはヒーロー冒険ものだ。でも主役はアウトローたち!世界を救うためにドラゴンや魔女と戦うんだ」と少年心をくすぐる語り口のクリス・パインに続き、ミシェル・ロドリゲスも「観る人がヒーローを見つけるの。それぞれの冒険があるから!」と力を込めたりと、それぞれに非常にクセの強い個性を持つパーティメンバーを演じたキャスト陣が登場!推しキャラ探しの楽しみもあり、誰を選んでもいつしか心をグッとつかまれ心の昂りがとまらなくなる、このアウトローたちが世界を救わんと大奮闘する異色の物語について紹介していく。彼らの宿敵となるヴィランを演じたヒュー・グラントも「私(の演じた役)は詐欺師で冷酷だが赤い魔女よりマシだ(笑)」と皮肉めいた笑顔で話すなど、垣間見えるジョーク満載の本編の一部にも期待が高まるばかり。

また、彼らと対峙するモンスターたちをリアルに描き出すべく、『ジュラシック・ワールド』シリーズの撮影での活用でも広く知られる超精巧撮影技術・アニマトロニクスにより産み出されたドラゴンの頭部も映し出され、映画ならではのド迫力バトルのクオリティからも目が離せないこと請け合い!普段の見た目は小柄な聖職者ながら、巨大かつ凶暴な”アウルベア”へ変身するインパクト大なキャラクターのドリックを演じたソフィア・リリスが「一目見れば、製作チームの努力がわかる!」と語るように、必殺技や魔法、モンスター、中世風の街並みにキケンなダンジョン…と大冒険の醍醐味がこれでもかと詰めこまれていることがうかがえ、製作陣のこだわりを感じさせる映像だ。映像の締めくくりには、ミシェル・ロドリゲスが「この映画、かなりイケてるよ!」と太鼓判!ドラゴンの如く首を長くして”誰と観るかを決め”て公開を待ちたくなる、胸躍る特別映像!

併せて贅沢にも、唯一無二のパーティが挑む強大な敵、そしてパーティの愉快な絆がそれぞれ映し出された、2種のポスタービジュアルも解禁となりました。
一方は、クセ者揃いな一味をまとめることとなるエドガンを筆頭に、”選ばれしならず者”たちが一堂に会す中、彼らに立ちはだかるであろう、ヒュー・グラント演じる宿敵のヴィランと、妖しげな紅い瞳で見下ろす“赤い魔女”が見下ろす視線に震えあがるもの。もう一方は、エドガンらパーティ一行を象徴する多彩な武器を手に持ち集合する一枚。勇ましい斧や、魔力に満ちた杖、光り輝く剣…と並ぶ中、リーダーのエドガンが手にしているのは吟遊詩人らしくマンドリン・・・!
コミカルな一面も存分に発揮され、彼らの個性が融合してどんな活躍を見せてくれるのか、夢が膨らむような1枚に!ユニークで変幻自在なパーティの魅力があふれる2つのポスタービジュアル、あなたはどちらと出会うのか!?

2023 年、新たな伝説の冒険がはじまる― 気になる続報に乞うご期待ください!

様々な種族、モンスターが生息する世界で、聖なる力と邪悪な勢力がぶつかりあう―。誰もが心を躍らせ、時代を超えて愛され続けるアクションファンタジー映画の新たな傑作が誕生する!
仲間を集めて強大な敵に立ち向かっていく物語といえば、主人公となる伝説の勇者と、それをサポートする様々なスペシャリストたちで最強のパーティを組むのが鉄板。だが本作の主人公・エドガン(クリス・パイン)はなんと盗賊稼業に勤しむアウトローな吟遊詩人!? フォーゴトン・レルムと呼ばれる中世ヨーロッパ風の世界を舞台に、世の中を動かし得るほどのお宝、ドラゴンをはじめとした個性際立つクリーチャーたち、戦いを華やかに盛り上げる魔法や巧みなアクションシーン、邪悪を極めるヴィラン・・・と、空想を具現化したようなアクションファンタジーを愉しむにあたって欠かせない要素がすべて詰め込まれ、映画でしか描けない壮大な世界観と、進化を続ける映像クオリティにも興奮必至!!
映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』が、2023年3月31日(金)に日本公開いたします!

運命を左右するパーティの仲間。あなたは誰と組む!?胸をザワつかせる超ヤバい冒険がはじまる―

盗賊のエドガンが、旧知の仲である戦士ホルガ(ミシェル・ロドリゲス)とはじめた新たな旅は、「ヤバイやつを助けたら超ヤバイのが現れた!!」とかつてない状況に追い込まれる・・・!
アウトローな盗賊稼業で修羅場をくぐり抜けてきたはずの彼らでさえ、一筋縄でいかないこと間違いナシの冒険と戦いにむけ、パーティの仲間に選んだのは、特殊能力を持った魔法使いサイモン(ジャスティス・スミス)、モンスターと混血のティーフリング”ドルイド僧”のドリック(ソフィア・リリス)、そして聖騎士ゼンク(レゲ=ジャン・ペイジ)と実にユニークな面々!見たことのないダンジョンに立ちはだかる困難、手ごわい敵の数々、難易度破滅級のクエストを凸凹パーティがいかに攻略していくのか・・・!?

娘キーラを誘拐するエドガンのかつての友人・詐欺師のフォージ役に扮する名優ヒュー・グラントの参戦も大きな見どころだ。
2023年、新たな伝説の冒険がはじまる― 物語の続報から目が離せない!

盗賊のエドガンが、旧知の仲である戦士ホーガ(ミシェル・ロドリゲス)とはじめた新たな旅は、「ヤバイやつを助けたら超ヤバイのが現れた!!」とかつてない状況に追い込まれる・・・!
アウトローな盗賊稼業で修羅場をくぐり抜けてきたはずの彼らでさえ、一筋縄でいかないこと間違いナシの冒険と戦いにむけ、パーティの仲間に選んだのは、特殊能力を持った魔法使いサイモン(ジャスティス・スミス)、モンスターと混血のティーフリング”ドルイド=僧”のドレク(ソフィア・リリス)、そして聖騎士ジンク(レゲ=ジャン・ペイジ)と実にユニークな面々!見たことのないダンジョンに立ちはだかる困難、手ごわい敵の数々、難易度破滅級のクエストを凸凹パーティがいかに攻略していくのか・・・!? 娘キーラを誘拐するエドガンのかつての友人・詐欺師のフォージ役に扮する名優ヒュー・グラントの参戦も大きな見どころだ。
2023年、新たな伝説の冒険がはじまる― 物語の続報から目が離せない!

さらに、11月25日(金)から全国の劇場(※一部を除く)で発売が開始される本作のムビチケ前売券の特典が、数量限定の入浴用化粧品「ゼラチナス・キューブ風呂」に決定!
あなたの自宅が冒険の舞台=ダンジョンに早変わり!映画公開に先駆けて、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の世界を肌で感じてみては!?
※実際のゼラチナス・キューブほどドロドロにはなりませんのでご了承ください。

=========================================
『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』 ムビチケ前売券・特典 概要

■販売:11月25日(金)より、全国の上映予定劇場(一部を除く)にて販売
■価格:1,500円(税込)
■ムビチケ前売券(カード)特典:ゼラチナス・キューブ風呂(入浴用化粧品)

※全国の上映映画館(※一部を除く)およびメイジャー通販サイトにて販売予定です。
※特典は数量限定です。なくなり次第、「ムビチケ前売券(カード)」のみの販売になります。
※特典の画像はイメージです。実際の商品デザインと異なる場合があります。
※ムビチケ前売券(オンライン)、及びコンビニで販売の前売券には特典は付きません。
=========================================

頭脳と肉体の限界に挑みたくましく生き抜く人間たち、神秘的で不思議な力を宿すエルフ、規格外のパワーやスピードを誇るクリーチャー、さらにおぞましきアンデッドなど、バラエティ豊富な種族が共存する世界で、聖なる力と邪悪な勢力がぶつかりあう―。誰もが心を躍らせ、時代を超えて愛され続けるアクションファンタジー映画の新たな傑作が誕生!

映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』(原題/Dungeons & Dragons: Honor Among Thieves)が2023年に日本公開が決定しました!

主人公は、戦士“じゃないほう”!? およそヒーローには見えない旅の仲間たちが繰り広げる、世界の命運をかけた予測不能のアクションファンタジー!

仲間を集めて強大な敵に立ち向かっていく物語といえば、主人公となる伝説の勇者と、それをサポートする様々なスペシャリストたちで最強のパーティを組むのが鉄板。ですが解禁された予告編に映し出される本作の主人公・エドガンはなんと“バード=吟遊詩人”で、盗賊稼業に勤しむアウトロー!? フォーゴトン・レルムと呼ばれる中世ヨーロッパ風の世界を舞台に、世の中を動かし得るほどのお宝、ドラゴンをはじめとした個性際立つクリーチャーたち、戦いを華やかに盛り上げる魔法や巧みなアクションシーン、邪悪を極めるヴィラン・・・と、空想を具現化したようなアクションファンタジーを愉しむにあたって欠かせない要素がすべて詰め込まれ、映画でしか描けない壮大な世界観と、進化を続ける映像クオリティにも興奮必至!

そして毎年熱い注目が注がれる“世界最大級のポップカルチャーの祭典”としてすっかりお馴染み、現地時間・7月21日(木)より開催中の「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル2022」のステージでこの予告が世界で初めてお披露目されると、期待に違わぬビジュアルの仕上がりはもちろんのこと、ユーモラスなセリフや展開の応酬にも笑いが絶えず、6,500人の定員MAXの観客で熱気溢れる現地会場大ホールも大熱狂!! 主人公エドガンを演じるクリス・パイン(『スター・トレック』シリーズ、『ワンダーウーマン』シリーズ)がなんと長髪姿でハイテンションに登場し「この映画の原作であるダンジョンズ&ドラゴンズを40代になって初めてやったんだけど、すぐにドはまりしたよ。これをやるといじめっ子だろうが人気者だろうがオタクの子だろうがそんな垣根を忘れてみんなワイワイ楽しめる、そういう力があるコンテンツなんだ。」と盛り上げると、パートナー役となる“バーバリアン=原始的戦士”のホーガを演じるミシェル・ロドリゲス(『ワイルド・スピード』シリーズ)も「この映画のためにハードに筋トレして4.5kg増量したわ。ボディメイクは本当に楽しかった」とこの映画にかける意気込みを語り、彼らと共に幕をあけるスリルとワクワクに満ちた壮大な冒険を劇場で体験できる日が待ち遠しくなるばかりです!

また、エドガン、ホーガとユニークなパーティを組む仲間には、ハーフエルフの“ソーサー=魔術師”サイモン役に、『名探偵ピカチュウ』や『ジュラシック・ワールド』シリーズのジャスティス・スミス、モンスターと混血のティーフリング“ドルイド=僧”ドレク役に、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のソフィア・リリス。エドガンの娘・キーラ役に『マリー・ミー』のクロエ・コールマン、そしてキーラを誘拐するエドガンのかつての友人・詐欺師のフォージ役には、『ブリジット・ジョーンズの日記』や『ラブ・アクチュアリー』などで知られ“ロマコメの帝王”とも呼ばれ近年は『ジェントルメン』などスリラーバトルものでも唯一無二の存在感を見せる名優ヒュー・グラントが参戦!監督・脚本は、近年脚本パートナーとしてタッグを組み『モンスター上司』などのヒット作を飛ばしているジョン・フランシス・デイリーと、ジョナサン・ゴールドスタイン(『スパイダーマン:ホームカミング』原案・脚本)、気鋭のフィルムメイカーコンビが手掛けます。

2023年、新たな伝説の冒険がはじまる― 物語の続報から目が離せません!